死体洗い・ホルマリン漬けのバイト

提供者・業界人様


時給:
2時間3〜5万円

どこで募集しているか:
教授から、直接に「所属大学生」にのみ募集

良いところ:
時給が良い。

悪いところ:
臭い。トラウマになる。

体験談:
「死体洗い・ホルマリン漬け」は、裏バイトとして見られがちですが、実際には医療行為のひとつです。

暴○団やアジア系ギャ○グ団の場合、犯罪の証拠となる死体を隠しはしても、保管する必然性がありません。
葬儀屋の場合、遺体はご家族の元に置き、葬儀の当日に運搬しますし、葬儀後は焼却します。
警察による司法解剖でも、処置後に元に戻して早期に遺族へ返還しますので、現実には死体をプール漬けするほど長期間保管するのは、医療養成所の他に存在しないのです。

養成所で検体を使うには、
・身元不明者の遺体(引き取り手のない、行き倒れ)
・死刑執行後の死体(最近では、死刑執行例なし)
・生前に本人が希望して誓約書を残した方の遺体(私が医学の未来に役立つなら…という意思で)
などのケースから、法務大臣の認可を経て…各大学に提供されます。

解剖実習では、「皮膚・血管・内臓・骨格」と、骨になるまで少しずつ解剖して行きます。
ひとつの検体に3ヶ月をかけて終了するので、それまでに検体が乾燥してボロボロになる恐れがあります。
これを防ぐために毎回、実習後にホルマリンシャワーをかけますが、それだけでは不十分なため1ヶ月ごとにプールか専用水槽へ、検体を納めます。

このときに大変な異臭に耐えつつ作業するので、誰もが敬遠してバイトを募集します。

この時に大学が用意するのは
・目を守るゴーグル
・頭髪を守る頭巾
・手を守るゴム手袋
・洗いやすい様に、はだしにサンダル
…という方法なんですけど、分子レベルで漂うホルマリンは、到底防ぐことは出来ません。

全ての検体をプールに戻し、合唱して去るまで2時間とすると…
髪も身体も、洗っても1週は臭いを放ちますし、自分の下着やズボンは洗っても駄目です。
捨てることになりますね。
50m離れていても、ホルマリンの臭いに周囲が顔をしかめると思います。
目も、白い部分が黄色になって、異様な人相になってしまいます。

やり手が少ないバイトなので、教授がセコイ人でなければ2時間3〜5万円ほどになりますけど、衣服を買いなおすのにお金が必要ですし、1週間は誰とも会いにくくなりますので、割が良いバイトとは言えませんね。

10年ぐらいは、思い出す環境に出会うと、気分が悪くなって辛い思いをしました。

いくつか管理人が疑問に思った点を質問しました:
Q.プールとはどれくらいの大きさなのでしょうか?
A.保存室には、縦・横8mぐらいの四角いプールがあります。
大江健三郎さんの文(かなり古いので、あまり現実を反映していないと思われます)にあったように、浮き上がり過ぎの献体は(この献体とは、自ら希望された方々の遺体を指します。検体とはかなり違う意味合いですね)、デッキブラシの先で、ゆっくりとプールの底へ押し返します。
主に体脂肪が多い、女性の遺体は浮き上がりやすくなっています。
男性の場合、どれだけ肥満しているように見えても、かなり強靭で量が多い筋肉を有していますので、あまり浮き上がりません。

Q.ホルマリンは劇薬とされ、20ppmで肺炎を引き起こすとあったのですがそれについての対策はとられていたのでしょうか?
A.どこの養成所でも、対策とは名ばかりで大した対策をとっていません。
私が以前に挙げた、ゴーグルなどで済ませています。
気の利いた教授だと、他に医療用マスクを貰えますけど、これがないと息をしただけで肺の中が侵される様な、非常に辛い状態になります。



ホームに戻る


広告 [PR] 再就職支援 冷え対策 専門学校 無料レンタルサーバー